LinkIcon

Digital and traditional workflow in  bonded ceramic restoration conforming to MI concept.” 

抄録

修復治療を行う際に、出来るだけ歯の軟組織(歯髄)や硬組織(エナメル質、象牙質)を温存した状態で治療を終える事は、治療の再介入や歯の寿命、そして歯の構造を考えた上で有利である事に異論はないと思う。そのような治療にセラミックスを用いたMinimally Invasive、更にはNon Invasiveな接着修復治療を成功させる為には、術前から歯科医師と歯科技工士で打ち合わせを行い、修復方法や治療計画について綿密に計画を立てる必要がある。今回、このようなMIの概念に則った接着修復治療行う上で、IOSやCAD/CAMシステムなどのデジタルソリューションと従来の手法とを上手く相互補完させて、我々のチームとしてどの様に進めているかを提示させて頂く。

吉木 雄一朗
YUICHIRO YOSHIKI

Y’sデンタルクリニック
 
略歴
2005年 日本歯科大学歯学部卒業
2005~2008年 医療法人鉄焦会 亀田総合病院勤務
2008年 吉木デンタルクリニック勤務
2009年 Y’sデンタルクリニック開設
 
所属

日本臨床歯科医学会名古屋支部理事
日本顎咬合学会認定医
日本口腔インプラント学会
 

鬼頭寛之
HIROYUKI KITO

CURA ESTHETIC DENTAL CENTER
 
略歴
2001年 名古屋デンタル技工士学院(当時)卒業
2003年 大阪セラミックトレーニングセンター全日 卒業
20032012年 カスプデンタルサプライ/カナレテクニカルセンター勤務
2012年 CURA ESTHETIC DENTAL CENTER開業


 
所属
Initial インストラクター(ジーシー)
日技認定講師
ADTAトレーニングセンター講師
Ziel NAGOYA会員